不正咬合の治療例|広島市中区本通りにある矯正歯科、つか矯正歯科へお任せください。

つか矯正歯科

  • 0822484188

    診療時間 10:00~18:30 (日曜は~16:30)
    休診日   水曜・日曜(月2回)・祝日

  • 診療カレンダー

不正咬合の治療例

乱ぐい歯 八重歯

image

八重歯 

正式名は叢生(そうせい)。歯がガタガタに生えたり、歯の生え方が不揃いなもの。 歯の大きさに対して、あごが小さく歯が並びきらない場合に多い不正咬合。
続きはこちら

上顎前突(出っ歯)

image

上顎前突 

正式名は上顎前突(じょうがくぜんとつ)。 咬み合わせた時、上の前歯が下の前歯より大きく前に出ている歯並びのこと。 あごの骨に原因がある場合(骨格性の上顎前突)と、歯だけが倒れて前に出ている場合がある。
続きはこちら

下顎前突(受け口)

image

反対咬合・下顎前突 

正式名は反対咬合・下顎前突(はんたいこうごう・かがくぜんとつ)。 咬み合わせた時、下の前歯が上の前歯より前に出ている歯並びのこと。 あごの骨に原因がある場合(骨格性の下顎前突)と、歯だけが反対になっている場合がある。
続きはこちら

すきっ歯

image

空隙歯列 

正式名は空隙歯列(くうげきしれつ)。歯と歯の間にすき間があいている歯並びのこと。
続きはこちら

開咬(かいこう)

image

開咬 

咬んだとき、奥歯だけがあたって、上下の前歯はそれ以上咬み合わず開いた状態になっている歯並びのこと。 放置すると上下の前歯の間から舌を前へ出すくせがつき、さらに悪化するおそれもある。 あごの骨に原因がある場合(骨格性の開咬)と、舌のくせなどの悪習癖に原因がある場合がある。
続きはこちら

ページトップへ戻る