治療費について|広島市中区本通りにあるつか矯正歯科です。矯正治療についてならお任せください。

つか矯正歯科

  • 0822484188

    診療時間 10:00~18:30 (日曜は~16:30)
    休診日   水曜・日曜(月2回)・祝日

  • 診療カレンダー

治療費について

矯正治療費について

矯正治療費は、基本的には自費の治療となります。
おおよその治療費は、難易度により異なりますが、上の歯・下の歯を全体的に治す場合、総額825,000~1,155,000円(税込)くらいとなります。(これには、検査料・診断料・調節料・観察料・装置料を含みます。)

患者さんにより異なりますので、来院時に詳しくご説明いたします。

ただし、厚生労働大臣が定める特定の疾患に起因した不正咬合の矯正治療および顎の外科手術を要する顎変形症の矯正治療は保険適用となります。
また、保険適用となる矯正歯科治療を受ける事ができるのは、定められた施設基準に適合しているとして地方厚生(支)局長に届け出を受理された保険医療機関のみとなり、当院はその対象施設に該当します。

医療費控除について

その年の1月1日から12月31日の間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者や親族のために支払った医療費が一定額を越える時は、確定申告をする事により所得控除を受けることができます。
控除額等についての詳細は国税庁のHPをご覧下さい。

医療費控除を受けるための手続き

  1. 病院・医院・歯科医院・薬局などの領収書はとっておきます。
  2. 通院のための交通費もメモしておきます。
    バスや電車を利用した場合は乗車日、乗車区間、運賃をメモしておき、タクシーを利用した場合は領収書をもらっておきます。
    なお、タクシー料金を医療費として認めてもらうためには、交通機関を利用できないなどの事情が必要です。
  3. 生計を一にしている家族全員の医療費の合計で計算します。
    家族全員の医療費の合計を、家族の誰か一人の所得から差し引けます。また、医療費が年間10万円以下の場合でも家族の中で課税所得が200万円以下の人が医療費控除を受けられます。
  4. 保険金などは医療費の合計から差し引いて計算します。
    保険会社から支払われる入院給付金や出産一時金などで補てんされる金額は医療費の合計から差し引いて計算します。また、年を越えて支払われた保険金などは入院や出産をした年の医療費から差し引きます。
  5. 申告書に書いて領収書と一緒に提出します。
    サラリーマンの場合は会社が所得税の計算をしているので、自分で後から確定申告しないと税金は戻ってきません。

ページトップへ戻る