県外へ転居する場合、矯正治療は続けられますか?|広島市中区本通りにある矯正歯科、つか矯正歯科へお任せください。

つか矯正歯科

  • 0822484188

    診療時間 10:00~18:30 (日曜は~16:30)
    休診日   水曜・日曜(月2回)・祝日

  • 診療カレンダー

よくある質問

県外へ転居する場合、矯正治療は続けられますか?

小学生・中学生以下の場合

小学生の時期は、成長によるあごの偏位を生じないよう第1期の処置が必要な時期です。
第1期の処置は1年位で治療可能な場合が多いですので、第1期の処置まで受けられて、第2期の処置は中高生以降に2~3年間くらいは在住される予定のところで受けられるのが良いと考えられます。
というのも、第1期の処置は成長期であるこの時期にしかできないため、適切な時期に受診しておく必要があるからです。
もしあと6ヶ月くらいで転勤とかという区切りの悪い場合は、最初から次の転居先の診療所で処置を開始されることが望ましいでしょう。

中学2年生以上の場合

できるだけ2~3年以上は在住される場所で治療を開始することが望ましいと考えられます。
第二期の処置は通常2~3年で終了することが多く、その後の保定は、半年~1年に1度くらいの間隔で通院できる可能性があるからです。
もちろん転医も可能ですが、引きつぎ(まったく同じ方法ではないため)のために、動的処置中ですとどうしても装置装着期間が延びてしまったり、先生により治療方針にも多少違いが生じることもあるため、できるだけ開始した先生に責任をもって終了してもらったほうがよい場合が多いからです。
ただし、緊急の転居の場合は全国ネットワークもありますので、当然治療は続けられますのでご安心ください。

ページトップへ戻る