歯を抜くことが必要な場合がありますか?|広島市中区本通りにある矯正歯科、つか矯正歯科へお任せください。

つか矯正歯科

  • 0822484188

    診療時間 10:00~18:30 (日曜は~16:30)
    休診日   水曜・日曜(月2回)・祝日

  • 診療カレンダー

よくある質問

歯を抜くことが必要な場合がありますか?

あります。できるだけ歯は抜かないのは原則ですが、患者さんの意見も取り入れながら、必要な場合には歯を抜くこともあります。
歯があごの大きさに対して大きい場合には、全ての歯をきれいに並べるには、抜かなければスペースが足りないからです。

また、歯を抜くことは、口元の出方に大きく関係しており、歯を抜いて治療した方がすっきりとした横顔に改善できる場合があります。
逆に口元があまり出ていない場合抜歯をしてしまうと口元が入り込みすぎるため、バランスをみながら抜歯をしないよう決定することもあります。

下記の写真の患者さんは、ご本人の希望により抜歯をしております。口元を変化させたい場合は抜歯が必要となります。

   

下記の患者さんは、叢生(乱ぐい歯)はありますが、口元があまり出ていないため、抜歯を必要としませんでした。

   

下記の患者さんは、小学生から成長観察を続けました。
叢生(乱ぐい歯)があり、歯を並べるスペースが不足しておりました。患者さんの希望により歯列弓の拡大により歯を並べるスペースを確保しましたが、最終的には口元が閉じにくく、口唇が突出した状態になり患者さんの希望があれば抜歯を検討したほうがよい症例と考えられます。

    

ページトップへ戻る