乱ぐい歯 八重歯|広島市中区本通りにあるつか矯正歯科です。矯正治療についてならお任せください。

つか矯正歯科

  • 0822484188

    診療時間 10:00~18:30 (日曜は~16:30)
    休診日   水曜・日曜(月2回)・祝日

  • 診療カレンダー

不正咬合の治療例

乱ぐい歯 八重歯

歯のがたがた・八重歯 

  • 治療前

  • 治療中

  • 治療後

歯の大きさに対して、あごが小さく歯が並びきらない場合に多い歯並びで、叢生(そうせい)という不正咬合です。
歯がガタガタに生えたり、歯の生え方が不揃いで八重歯になることもあります。

 

この患者さんは八重歯を気にされて15歳で来院されました。
前歯が不揃いで、右上と左下の犬歯が八重歯となっており、上下の歯の正中がずれていました。
そこで、マルチブラケット装置を使用し、上顎は左右1本ずつ抜歯を行い、下顎は歯を抜かずに拡大を行い、歯のガタガタと正中のずれを治しました。

■治療期間は2年9ヶ月です。
■治療費は総額 約87万円(税抜)です。(検査料・診断料・装置料・調節料・観察料等、矯正治療にかかった全ての料金の総額です。)

下の歯は抜かずに、歯列を拡大して排列しており、後戻りしやすい可能性がありますので保定をきちんと行うことをお勧めします。

ページトップへ戻る