すきっ歯|広島市中区本通りにあるつか矯正歯科です。矯正治療についてならお任せください。

つか矯正歯科

  • 0822484188

    診療時間 10:00~18:30 (日曜は~16:30)
    休診日   水曜・日曜(月2回)・祝日

  • 診療カレンダー

不正咬合の治療例

すきっ歯

空隙歯列 

  • 治療前

  • 治療中

  • 治療後

歯と歯の間にすき間がある歯並びで、空隙歯列(くうげきしれつ)という不正咬合です。上の歯の真ん中が開く事が多く、歯と歯の間に過剰歯と呼ばれる余分な歯が埋まっている事が原因であったり、上唇小帯という歯茎の一部が歯間に入り込んでいる事からおこることもありますので、歯を閉じるだけでなく原因に対する処置も行います。また、その他の部位の空隙は、歯が小さかったり、舌の悪習癖等からおこる場合もあります。

 

この患者さんは上下の歯の真ん中に空隙がありました。
そこで、マルチブラケット装置を使用し、空隙を閉じる治療を行いました。治療期間は1年6ヶ月です。空隙歯列の方(特に上の歯の真ん中が開いている方)は、治療後もまた間が開いてきやすい傾向がありますので、保定装置による長期間の保定をお勧めします。

ページトップへ戻る